定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

トップ > 月刊なごみ > 2017年

2017年

なごみとは、心を和して「あい和む」の意。
今日ほど、この和の心が渇望されている時代はありません。
日々のくらしのなかで、和を尊ぶ心を形にしてきた総合文化茶の湯に範をとり、現代の「茶のあるくらし」すなわち「和のあるくらし」を小誌はヴィジュアルに提案します。

⇒月刊誌定期購読のご案内はこちら



全12件

  • なごみ2017年12月号

    なごみ2017年12月号

    【今月の特集】 近代和風を問うた建築家 吉田五十八の創った数寄屋建築 ◎特集の内容
    生まれ育ちは東京・日本橋。本業の傍ら、道楽の長唄は玄人はだし。日本文化に精通した建築家・吉田五十八(1894〜1974)は、日本の伝統建築「数寄屋」の近代化に努めた先駆的存在。吉田が提唱した数寄屋建築の試みと創意とは。 【小特集】 新しい提案 北欧の器を茶会に

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年11月号

    なごみ2017年11月号

    【特集】茶と暮らしを支える火の力 いま、茶の湯炭は
    【内容】茶事の亭主は、客に心地よい時間を過ごしてもらうために炭の火に心を尽くすもの。「湯相」と「火相」を調整する炭の作法にこめられた、もてなしの心と茶人の知恵を解説。また自然環境の変化や後継者不足などの課題に向かう、茶の湯炭の産業としての現在にも目を向けます。赤坂憲雄氏(民俗学者)の寄稿「山師の子どもはやがて、山に還る」ほか。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年10月号

    なごみ2017年10月号

    【今月の特集】彫りと色彩の華麗なる融和 讃岐漆芸の彩 ◎特集の内容 温暖な瀬戸内海に面し、風光明媚な香川県。じつは漆芸の盛んな地です。精緻な彫刻技術と豊かな色彩が融合した、他には見られない独特の表現。漆や木材の産地ではない讃岐になぜ、どのように漆芸が栄え継がれてきたのか。その魅力と歴史に迫ります。【小特集】懐石料理に合わせたい「日本ワイン」リスト

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年9月号

    なごみ2017年9月号

    【今月の特集】 名残を前に― 金継ぎにみるつくろいの美  ◎特集の内容 十月は名残の季節。やつれ風炉に藁灰、金継ぎや呼継ぎがされた茶道具を取り合わせます。そんな名残に先駆けて、日本古来の修繕法・金継ぎの美に注目。壊れたものをよみがえらせ、新たな美しさや趣を加える「つくろい」の魅力をさまざまな角度から紹介します。
    ●小特集● 自然の筆線  画家・熊谷守一、書の画境

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年8月号

    なごみ2017年8月号

    【特集】桑名に生き続ける山林王の遺産 諸戸家と茶の湯
    【内容】古来、交通の要衝であり物資の集散地として栄えた三重県桑名市。この地の利を生かして財を成し、「日本一の大地主」「山林王」と呼ばれた諸戸家が守り伝えてきた文化遺産を紹介。門外不出の大名物「山桜大海茶入」を特別公開。
    【小特集】山の日に一服 アウトドアでお茶を
    【内容】山で抹茶を点てる際の工夫、お菓子・食事のレシピを提案。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年7月号

    なごみ2017年7月号

    【特集】探す、使う、取り合わせる ガラスの茶道具を楽しむヒント
    【内容】夏の茶席に涼をもたらすガラスの茶道具の楽しみ方をさまざまな角度から提案します。夏、そして四季に応用するアイディア、ガラス工芸のさかんな富山でガラス茶道具を探す旅など。好みにぴったりのガラス茶道具を見つけてください。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年6月号

    なごみ2017年6月号

    【今月の特集】通巻450号記念特集2020年に向けて そろそろ、お茶はじめませんか?
    ◎特集の内容 茶道に興味はあるものの一歩踏み出せずにいる方が、茶道をはじめるきっかけとなるような、茶の湯のさまざまな魅力をご紹介します。今こそ学ぶべき伝統文化・茶道が現代生活にもたらす潤いについて改めて考えます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年5月号

    なごみ2017年5月号

    畳敷きの茶室だけではない茶空間のあり方が今、改めて問われています。来たる2020年東京オリンピック、生活習慣の変化や高齢化社会の進行などにより、「正座」の負担がない椅子式の茶道・立礼の需要が高まりを見せています。本特集では、世界の賓客を迎える迎賓館赤坂離宮の立礼茶室の特別撮影や立礼誕生から150年史を紹介しつつ、茶空間のこれからを考えます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年4月号

    なごみ2017年4月号

    【今月の特集】名品大集合 東京国立博物館 「茶の湯」展をトコトン楽しむ
    ◎特集の内容 1980年に東京国立博物館で開催された「茶の美術」展以来、37年ぶりとなる大規模な「茶の湯」展が、今春同館で開催されます。約260件の茶道具が一堂に会する本展の見所を紹介するほか、国宝「志野茶碗 銘 卯花墻」を篠山紀信氏が新規に撮影するなど、時代を超えて愛されてきた名品の魅力に迫ります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年3月号

    なごみ2017年3月号

    【特集】土が生み出す演出空間 茶室の壁の力
    【内容】齢90を超える数寄屋左官・佐藤嘉一郎氏が、京都の名茶席のうち大徳寺玉林院の蓑庵、仁和寺の飛濤亭を案内。茶室の壁の約束事、茶室の壁土の代名詞・聚楽土の美点なども紹介しつつ、繊細さと茶人の美意識が詰まった「壁」の魅力にとことん迫ります。
    【小特集】作ってみよう! 春の手まり寿司

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年2月号

    なごみ2017年2月号

    【特集】瀬戸焼  かまぐれイズムの継承と発展
    【内容】「かまぐれ」――、技術革新に命の炎を燃やした瀬戸の陶工たちは、そう呼ばれてきました。常に日本のやきものをリードしてきた陶磁器「瀬戸焼」の歴史と特徴からその魅力に迫ります。
    【小特集】 装幀家・名久井直子さんがデザインする かわいい和装本

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年1月号

    なごみ2017年1月号

    【特集】華やかに、美しく 新春を祝う茶席菓子
    【内容】新年を寿ぐ茶席で用いられる菓子は見た目も華やかに、年迎う喜びを感じさせてくれるもの。初釜や稽古始めなど茶の行事に、賀客のおもてなしに、彩りを添えてくれる菓子を紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト