定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2021年 06月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

 

トップ > 特集 > メディアで紹介 > 且坐喫茶
電子書籍※各電子書店様でご購入ください > 且坐喫茶
書籍 > 茶道書 > 随筆・歳時記 > 且坐喫茶

且坐喫茶

いしいしんじ/著

商品コード : 0000004051-0000
製造元 : いしいしんじ/著
価格 : 1,870円(税込)
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
タイトルの「且坐喫茶(且く坐して茶を喫せよ)」とは、禅の言葉で「まぁ、お座りになってお茶でも飲みなさいよ」の意味。茶の師匠から人生のすべてを学んだという作家・いしいしんじは、アロハシャツにジーンズ姿で師匠の門戸を叩いたことからはじまりました。その茶観は、どのようにして形成されていったのか。本書では、著者が禅僧・牧師・茶人・現代画家・和菓子作家・陶芸家などを亭主とする一期一会の茶事に臨み、一亭一客の狭小の茶室のなかで坐して茶を喫した経験を通し、日本人の美意識、亡き師匠の思い出などを綴ります。月刊誌『なごみ』2014年連載「しゃざきっさ」に加筆をし単行本化。

いしいしんじ/著

ISBN:978-4-473-04051-0

発売日:2015/10/13

四六判変型200頁
電子書籍はこちらから

 ●2015年11月15日 読売新聞で紹介されました。
“水脈のように流れる、亡き先生への思慕。一語一文が死者と生者を結び合わせ、読む者をお茶の深淵に誘いこむ。お茶は、いしいしんじによって語られる言葉を待ち続けてきた。そんな確信を抱かされた。※抜粋(評:平松洋子氏 エッセイスト)”