定期購読

外国語書籍

 

トップ > 書籍 > 美術書 > 建築・庭園 > 超入門! ニッポンの まちのしくみ

超入門! ニッポンの まちのしくみ
超入門! ニッポンの まちのしくみ
超入門! ニッポンの まちのしくみ
超入門! ニッポンの まちのしくみ
超入門! ニッポンの まちのしくみ
拡大画像
超入門! ニッポンの まちのしくみ
超入門! ニッポンの まちのしくみ
超入門! ニッポンの まちのしくみ
超入門! ニッポンの まちのしくみ
超入門! ニッポンの まちのしくみ

超入門! ニッポンの まちのしくみ

「なぜ? どうして?」が わかる本

福川裕一/監修 青山邦彦/イラスト

商品コード : 0000004299-0000
製造元 : 福川裕一/監修 青山邦彦/イラスト
価格 : 1,540円(税込)
「なぜ? どうして?」が わかる本
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
「あのビル、なんで頭がナナメなの?」
まちにまつわる身近な雑学、学べます。

てっぺんが斜めに切れているビルや、高層ビルの足下につくられたオープンスペース。町には法のルールによって「必然的にそうなった」建物や場所があります。そういった身近だけど実はよくわかっていない「まちのしくみ」にスポットをあて、LINEのような文でわかりやすく解説します。
テーマは東京(江戸)の話、日本の都市特有の話、世界に共通する普遍的な話、京都の話など。「社会科の副教材」を意図し、小学校高学年程度から読める内容で、大人の知識欲も満たします。監修者は都市計画・まちづくりの専門家。元建築家のイラストレーターによる、架空の町の精緻なパノラマイラストも必見!
 
【目次より抜粋】
●なぜ都会の真ん中には、高いビルが集まっているの?
●江戸の町では、みんなどこの水を飲んでたんだろう?
●町はどこまでが都会で、どこからがそうじゃないの?
●大学ってどうして郊外に多いの?
●ビルの頭が、同じくらいの高さでナナメに切れているのはなぜ?
●ビルは、なんでいろんな高さで建っているの?
●神社やお寺って、コンビニより多いってホント?
●道ってどこまで行ってもつながっているの?
●なんで日本の町は電柱・電線だらけなの?
●雨ってどこに流れていくの?

 

福川裕一/監修 青山邦彦/イラスト

ISBN:978-4-473-04299-6

発売日:2019/3/13

A5判184頁(2色刷184頁)