2022年8月6日(土)〜15日(月)は夏季休業につき、商品の出荷・お問合せへの対応は休止いたします。8月16日(火)以降に順次対応させていただきます。

定期購読

外国語書籍

 

トップ > 書籍 > 一般書 > 趣味・生活 > 小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし

小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
拡大画像
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし
小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし

小さな暖簾の奥で 御粽司・川端道喜とわたし

川端知嘉子/著

商品コード : 0000004356-0000
製造元 : 川端知嘉子/著
価格 : 1,650円(税込)
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
室町時代の創業以来、長きにわたり御所御用を承ってきた「御粽司」の川端道喜。現在でこそ、水仙粽や羊羹粽、そして葩餅に代表される茶の湯の菓子を手がけているが、明治の東京遷都までは、宮中歳時で用いられる菓子をほぼ一手に調製していていました。現在、同家の代表を務め、伝統を受け継ぎ、次代へと繋ぐべく奮闘されている川端知嘉子氏が、当家の歴史や、当家で作り続けられてきた菓子の紹介を交えつつ、自身と川端道喜との縁や、伝統を受け継ぐこと、菓子や菓子作り、現在も描き続ける日本画、日本画のモチーフとなる巨木や破損仏などへの想いを綴ります。
 
 

目次PDFはこちら

川端知嘉子/著

ISBN:978-4-473-04356-6

発売日:2019/12/16

四六判 並製144頁(カラー8頁)