定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2021年 11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

 

トップ > 月刊なごみ > 2017年 > なごみ2017年12月号

なごみ2017年12月号

近代和風を問うた建築家 吉田五十八の創った数寄屋建築

商品コード : 0000090031-1712
価格 : 880円(税込)
近代和風を問うた建築家 吉田五十八の創った数寄屋建築
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【今月の特集】
 近代和風を問うた建築家
 吉田五十八の創った数寄屋建築
 ◎特集の内容
 生まれ育ちは東京・日本橋。本業の傍ら、道楽の長唄は玄人はだし。日本文化に精通した建築家・吉田五十八(1894〜1974)は、日本の伝統建築「数寄屋」の近代化に努めた先駆的存在。吉田が提唱した数寄屋建築の試みと創意とは。
 【小特集】
 新しい提案
 北欧の器を茶会に
 ◎小特集の内容
 20世紀半ばに、北欧の国々では東洋陶磁の影響を受けた独自の陶芸が生まれました。それらの作品を茶室空間に持ち込んで、見立て道具としての可能性を提案します。
 ●茶の湯を深める●
 ・花書と茶花史「風流一生涯『西川一草亭』」(井上 治)
 ・茶席の着物ことはじめ「クリスマス立礼茶会でプレゼントの一服」(北見雅子)
 ●和の文化を知る●
 ・茶のある日々(長島有里枝)
 ・sense of わ(杉山早陽子)
 ・ここのつ菓子暦「百合根まんじゅう」(溝口実穂)
 ・万葉集自習帳「あおによし奈良の旅」(近藤ようこ)
 ・鼓に生きる「鼓の未来へ」(田中佐太郎)
 ・半径2メートルの禅問答 喫茶去「『向き合わない』って大事です。」(鈴木敏夫×玄侑宗久)
 ・和様化する建築「東欧で出会う日本」(五十嵐太郎)
 ●読み物●
 ・どうやら日本人みたいです「日本のクリスマス」(井上荒野)
 ・わたしのヒーロー「古沢良太 (脚本家)」
 ・陶芸家の食卓「お茶碗はぜんぶ知っている」(島本理生)
 ・能楽ものがたり「秋の扇―  班女(三)」(澤田瞳子)
 ・スタアの決めゼリフ「丹波哲郎 『砂の器』」(宮沢章夫)
 ・ティーとトゥギャザー「ディスイズ、ルー流」(ルー大柴)
  
 ●お役立ち情報●
 ・東京の手みやげ「東京の海苔屋……―大森・松尾の海苔」(矢吹申彦)
 ・家庭の薬膳はじめて学「冷え症のための薬膳」(松本しず子)
 ・茶人のためのスマホアプリ「みんなのかるた」(長谷川宗佳)
 ・なごみBooks
 ・展覧会案内
 ・なごみ1月号の予告

雑誌コード:06817-12

発売日:2017/11/28

B5判128頁(カラー48頁)