定期購読

外国語書籍

 

トップ > 月刊なごみ > 2018年 > なごみ2018年3月号

なごみ2018年3月号

見て楽しい、食べておいしい 春に「干菓子」をもっと!

商品コード : 0000090031-1803
価格 : 880円(税込)
見て楽しい、食べておいしい 春に「干菓子」をもっと!
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

【大特集】
見て楽しい、食べておいしい
春に「干菓子」をもっと!

◎特集の内容
茶の湯の菓子で薄茶の味を引き立てる「干菓子」。四季折々の花鳥風月や季節の静かな移ろいを楽しみ、味わえるのが干菓子の醍醐味。「選ぶ」「使う」「作る」という実用的な視点から、春の干菓子の魅力を提案します。


・春の茶席に使いたい干菓子
・干菓子に使いたい洋菓子 坂本紫穗
・世界の郷土菓子を抹茶と 郷土菓子研究社
・春に演出 盛り方のくふう 榎本宗白
・型いらず、で作れる美しい干菓子 坂本紫穗
・「薄茶に干菓子」はいつからか 櫻井信也
・干菓子の扱いのヒント30 榎本宗白

【連載】

・長野博と学ぶ 茶懐石のキホン「昆布で締める」(長野 博×小山裕久)

・36時間私の京都観光「もの作り精神にふれる」旅  (平松洋子)

・TOKYO市中の山居「床の間は知っている 護国寺の茶室群」(ホンマタカシ)

・あいなごむとき「たわけの意味」(冲方 丁)

・香道絵巻「松隠軒の残響―志野忌に寄せて―」(蜂谷宗)

・もじ転々「くせ字はどこへ行く」(平野甲賀)

・わたしのヒーロー「朝井リョウ」(小説家)

・茶箱が好き「サルーの茶箱」

・和歌と日本人の暮らし「旅立ちと餞けの歌」(浅田 徹)

・能楽ものがたり「やま巡り―  山姥(三)」(澤田瞳子)

・松平不昧研究「不昧が求めた究極の茶室」(和田嘉宥)

・抹茶のチカラ「抗菌! 消臭! ばい菌と闘うお茶の成分」(岡本由希)

・ピアノで味わうクラシック「ベートーヴェン「熱情ソナタ」」(青柳いづみこ)

・花屋さんの茶花こぼれ話「ひな祭りの後こそ見頃の花桃」(能村菊人)

・レッツ! 和算ドリル「町見術」(西田知己)

・なごみBooks/Theater/Museum/なごみ4月号の予告

雑誌コード:06817-3

発売日:2018/2/28

B5判128頁(カラー48頁)