定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2022年 09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

トップ > 月刊なごみ > 2020年 > なごみ2020年3月号

なごみ2020年3月号

さびの茶陶 信楽焼

商品コード : 0000090031-2003
価格 : 880円(税込)
さびの茶陶 信楽焼
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【特集】
さびの茶陶
信楽焼
◎特集の内容
硬く焼き締まった肌に映える炎の色、降りかかった灰から生まれる輝き。
かつて日常の器としてのみ存在していた信楽焼に“美”を見出したのは茶人であった。その冷え枯れた美を茶陶の名品を紹介しながら追う。
・数寄者・北村謹次郎が愛した  信楽の美(木下 收/北村美術館館長)
・陶芸家に学ぶ  信楽焼の見どころ(奥田英山)
・名品でたどる  茶陶・信楽の歩み(大槻倫子/滋賀県立陶芸の森 学芸員)
・コラム  井伊直弼と信楽焼(大槻倫子)
・昭和の信楽焼復興  直方の「静」と楽斎の「動」(大槻倫子)
・茶道を学び、茶陶に挑む  注目の信楽焼作家たち(森 孝一/美術評論家)
【小特集】
古着を生かして
リメイク数寄屋袋(鈴木道子/グラフィックデザイナー)
【連載】
・しばらく、ぶり「あんな友だち こんな友だち」(工藤直子)
・男のきもの 点前座12カ月「水温む頃、釣釜で 加瀬 亮さん(俳優)」(北見宗雅)
・わたしのおもてなし「ピアノが趣味の幼なじみを招いて」
・物美遊山「風流艶色真似ゑもん」(ミヤケマイ)
・みる禅語「不立文字」(細川晋輔)
・うつわの哲学「空中信楽茶碗はタイムカプセル」(十一代大樋長左衛門)
・師弟百景「仏師」(井上理津子)
・東西おいしい往復書簡「隨園別館 新宿本店」(平松洋子)
・史料が語る和菓子とくらし「江戸の菓子屋看板」(今村規子)
・世界の俳句を読む「物語のある三句。」(せきしろ)
・江戸ザ・マニア「ポップな占い『辻占』を研究」(浅生ハルミン)
・思わずみたくなる能「『黒塚』『葵上』」(馬場あき子×友枝真也)
・十二ヶ月の行事食レシピ「雛祭りと蛤の吸い物」(清 絢)
・有職文様こぼれ話「繧繝」(八條忠基)
・茶道の門をたたくまで「初めてのお稽古場見学へ (シベリカ子)
・茶の湯をいろどる銘「花月」
・なごみブックス/シアター/ミュージアム

雑誌コード:06817-03

発売日:2020/2/28

B5判128頁(カラー48頁)