定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2022年 02月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      

 

トップ > 月刊なごみ > 2020年 > なごみ2020年9月号

なごみ2020年9月号

長寿を願う、おとなの節供 重陽に菊を楽しむ

商品コード : 0000090031-2009
価格 : 880円(税込)
長寿を願う、おとなの節供 重陽に菊を楽しむ
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
【特集】
長寿を願う、おとなの節供
重陽に菊を楽しむ
◎特集の内容
九月九日は重陽の節供。平安の頃からこの日には、菊を愛でつつ、厄払いや長寿を祈る風習があり、江戸時代には庶民の間でも広く親しまれるようになりました。本特集では、重陽の節供を茶の湯と現代生活のなかで楽しむ工夫を紹介します。
・日本人の愛した菊(冷泉貴実子)
・重陽の節供Q&A(長田なお)
・能『枕慈童』にちなんで 重陽の茶会(関 直美)
・節供を彩る 野の菊小景(小森谷 厚)
・やってみよう! 家庭でできる重陽の節句(長田なお/前沢リカ)
・重陽の節供の歴史と広がり(神崎宣武)
【小特集】
からだを整える 中国茶入門(ジャスミン茶専門店 サウスアベニュー)
【連載】
・しばらく、ぶり「ココロの中に抱いたもの」(工藤直子)
・男のきもの 点前座12カ月「風流に『月』を愛でて 丸山隆平さん(関ジャニ∞)」(北見宗雅)
・わたしのおもてなし「風変わりな友人を招いて”豆腐”と”俳句”の茶会」
・物美遊山「伝本阿弥光悦の硯箱」(ミヤケマイ)
・みる禅語「掬水月在手」(細川晋輔)
・うつわの哲学「アメリカン・ラク[1]」(十一代大樋長左衛門)
・師弟百景「文化財修理装師」(井上理津子)
・東西おいしい往復書簡「御料理 山さき」(平松洋子)
・史料が語る和菓子とくらし「江戸のパッケージ・菓子袋」(今村規子)
・世界の俳句を読む「鳥とりどり、四句。」(せきしろ)
・江戸ザ・マニア「雅と遊び心の『競馬香』」(浅生ハルミン)
・けっこうなおてまえ「茶壺さんたちの同窓会[その三]」(高殿 円)
・十二ヶ月の行事食レシピ「十五夜の月見団子」(清 絢)
・有職文様こぼれ話「桐竹鳳凰麒麟」(八條忠基)
・茶道の門をたたくまで「お稽古に必要なものを買いに行く」(シベリカ子)
・なごみブックス(はな)
・なごみシアター(関 亜弓)
・なごみミュージアム
・次号予告&アンケート
・茶の湯をいろどる銘「武蔵野」

雑誌コード:06817-09

発売日:2020/8/28

B5判128頁(カラー48頁)