定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2022年 07月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2022年 08月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

 

トップ > 書籍 > 一般書 > 宗教/新版古寺巡礼京都 > 新版 古寺巡礼 京都 第24巻 南禅寺

新版 古寺巡礼 京都 第24巻 南禅寺

梅原 猛/監修 中村文峰、児玉 清/執筆

商品コード : 0000003494-0000
製造元 : 梅原 猛/監修 中村文峰、児玉 清/執筆
価格 : 1,760円(税込)
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
「花は黙って咲き黙って散ってゆく そして再び枝に帰らない けれどもその一時一処に この世のすべてを托している…」禅を生きる道を説いた現代の南禅寺の住持だった禅僧の言葉です。鎌倉時代、東福寺の円爾弁円に禅の教えを乞うた亀山法皇は円爾の弟子無関普門を迎えて開山とし、離宮を禅林禅寺としました。南北朝時代には「五山之上」と禅宗寺院の最高の格付けとなりました。江戸時代には「黒衣の宰相・以心崇伝」なる政僧が活躍しました。有為転変の時代の流れを歩んできましたが、禅の教え・心は無関禅師以来七百余年を経た今日なお法の灯は受け継がれています。

梅原 猛/監修 中村文峰、児玉 清/執筆

ISBN:978-4-473-03494-6

発売日:2008/7/24

A5判144頁(カラー64頁)