定期購読

外国語書籍

 

トップ > 月刊なごみ > 2022年

2022年

なごみとは、心を和して「あい和む」の意。
今日ほど、この和の心が渇望されている時代はありません。
日々のくらしのなかで、和を尊ぶ心を形にしてきた総合文化茶の湯に範をとり、現代の「茶のあるくらし」すなわち「和のあるくらし」を小誌はヴィジュアルに提案します。

⇒月刊誌定期購読のご案内はこちら



全7件

  • なごみ2022年7月号

    なごみ2022年7月号

    【大特集】
    沖縄復帰五十年記念 琉球の工芸と茶

    ◎特集の内容
    沖縄はかつて海上交易によって繁栄し、独自の文化を育んだ「琉球王国」でした。世界の津梁(橋渡し)としてのプライドをかけて制作された染織、漆芸、陶芸などの優れた工芸品。そして、それを生み出す犲蠅錣境瓩犯を愛する精神も、現代に受け継がれています。その精華を爐茶瓩箸隆悗錣蠅鯆未犬童ながら、新たな可能性をさぐります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2022年6月号

    なごみ2022年6月号

    【特集】
    お茶の世界をひろげよう 見立てに、西洋のうつわ

    ◎特集の内容
    古くから外国のうつわを茶道具に見立ててきた茶の湯の世界。華やかな西洋のうつわを使った、取り合わせの多様性をご紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2022年5月号

    なごみ2022年5月号

    【特集】
    いざ、颯爽とお茶会へ 茶道男子のきもの入門

    ◎特集の内容
    何からそろえていいか、わからない?どうやって着たらいいか、わからない?そんなに簡単にあきらめないで。きものを着てお稽古をすれば、一つ一つの所作や振舞い、足運びが変わります。凛々しく、粋な着姿で、お茶会へ出かけてみませんか

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2022年4月号

    なごみ2022年4月号

    【特集】
    リニューアル記念 茶と美の殿堂、藤田美術館へ

    ◎特集の内容
    2022年4月、大阪の茶と美の殿堂・藤田美術館が待望のリニューアルオープン。明治維新を駆け抜け、実業家として成功を納めた藤田傳三郎、彼とその息子たちが蒐集した屈指の質を誇る所蔵品の魅力をご紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2022年3月号

    なごみ2022年3月号

    【特集】
    みんなの雛祭り茶会

    ◎特集の内容
    桃の節句は、貝合わせや雛人形などかわいらしい道具に富み、遊び心くすぐられるお茶の趣向のひとつ。 そんな趣向を凝らした取り合わせをはじめ、子どもたちと一緒に楽しむ茶会の提案など、お茶を嗜む人のさまざまな“雛祭りの楽しみ方”を通して、ハレの日の過ごし方のヒントをご紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2022年2月号

    なごみ2022年2月号

    【特集】
    自分らしいおもてなし 菓子茶事のすすめ

    ◎特集の内容
    食後の時間に集まり、懐石は軽い食事と菓子だけで済ませる菓子茶事(飯後の茶事)は、料理の手軽さと決まり事の少なさから、友人たちとの気軽な茶事にはぴったりです。魅力的な菓子茶事の実際の様子や、簡単な点心・お菓子のレシピもご紹介します。初めての茶のおもてなしにも、気軽に友人たちとお茶を楽しむにも。「菓子茶事」をおすすめします。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2022年1月号

    なごみ2022年1月号

    【大特集】
    茶道具の匠たち 現代の千家十職

    ◎特集の内容
    茶の湯に携わる職人たち「千家十職」。三百年、四百年と代々続く家の当代たちは、何を考え、どのように作品に投影しているのか。当代の言葉と技の美をご紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト