2022年8月6日(土)〜15日(月)は夏季休業につき、商品の出荷・お問合せへの対応は休止いたします。8月16日(火)以降に順次対応させていただきます。

定期購読

外国語書籍

 

トップ > 書籍 > 茶道書 > 茶書古典集成 > 茶書古典集成 1 初期の和漢茶書

茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
拡大画像
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書
茶書古典集成 1 初期の和漢茶書

茶書古典集成 1 初期の和漢茶書

高橋忠彦・神津朝夫/編 

商品コード : 0000004331-0000
製造元 : 高橋忠彦・神津朝夫/編 
価格 : 8,800円(税込)
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
茶書とは、茶の湯を専門的に扱った書物のこと。江戸時代末までに日本及び中国で書かれた茶書約140件の原文を収録する『茶書古典集成』全17巻シリーズ。1回めにお届けするのは、シリーズ1の「初期の和漢茶書」。中国の「茶」について書かれた『茶経』『茶録』『茶具図賛』『大観茶論』『茶歌』と、日本最古の茶書『喫茶養生記』に始まり『喫茶往来』『酒茶論』『珠光古市播磨法師宛一紙(心の文)』『長歌茶湯物語』『無上立次第』『桟敷へ入る次第之事』『習見聴諺集』『烏鼠集』『分類草人木』と続く「茶の湯草創期」の茶書15件を収録しました。漢文書については、訓読と詳細な註釈がついています。

目次PDFはこちら

高橋忠彦・神津朝夫/編 

ISBN:978-4-473-04331-3

発売日:2019/10/31

A5判 上製548頁