定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2022年 02月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      

 

トップ > 書籍 > 茶道書 > 水屋でみる夢 料理人の茶懐石

水屋でみる夢 料理人の茶懐石
水屋でみる夢 料理人の茶懐石
水屋でみる夢 料理人の茶懐石
水屋でみる夢 料理人の茶懐石
水屋でみる夢 料理人の茶懐石
拡大画像
水屋でみる夢 料理人の茶懐石
水屋でみる夢 料理人の茶懐石
水屋でみる夢 料理人の茶懐石
水屋でみる夢 料理人の茶懐石
水屋でみる夢 料理人の茶懐石

水屋でみる夢 料理人の茶懐石

小山裕久/著

商品コード : 0000004397-0000
製造元 : 小山裕久/著
価格 : 2,200円(税込)
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
日本料理「青柳」主人が考える茶の湯の料理を伝えることを主眼としてまとめた1冊。極わびの「名残の懐石」、寿ぎの「祝いの懐石」、そしてフランスの料理文化にインスパイアされた「フレンチ懐石」をグラビアで紹介。また、茶事や茶会で料理をたのまれて調整する場合、黒子に徹して料理する際に心していることを伝えます。その場合に一番に考えねばならないことは依頼された亭主の思い(趣向)をいかに料理で表現するかということであるといいます。その会の主となる茶席とどのように料理をあわせていくか、季節・素材・器をどう組み合わせるかなど、料理を依頼される側の思い、立ち位置(心得)など、自分の料理を魅せる料理人としてではないさまざまに思いを巡らせる茶の料理人としての思いとかたちを紹介します。
 

目次PDFはこちら

小山裕久/著

ISBN:978-4-473-04397-9

発売日:2020/3/30

B5判変型 並製120頁(カラー80頁)