定期購読

外国語書籍

 

トップ > 書籍 > 茶道書 > 茶道教養講座 > 茶道教養講座 茶の湯と宗教
特集 > じっくり読みたい茶道書 > 茶道教養講座 茶の湯と宗教

茶道教養講座 茶の湯と宗教
茶道教養講座 茶の湯と宗教
茶道教養講座 茶の湯と宗教
茶道教養講座 茶の湯と宗教
拡大画像
茶道教養講座 茶の湯と宗教
茶道教養講座 茶の湯と宗教
茶道教養講座 茶の湯と宗教
茶道教養講座 茶の湯と宗教

茶道教養講座 茶の湯と宗教

神津朝夫/著

商品コード : 0000004142-0000
製造元 : 神津朝夫/著
価格 : 1,320円(税込)
数量
 

配送先ごとに送料をご請求させていただきます。※配送先ごとに、合計金額が5,000円以上は送料無料。   なお、恐れ入りますが通常商品と予約・定期購読商品との同時注文は承れません。個別に決済をお願いいたします。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

禅だけではない。茶の湯の歴史を、宗教の視点から問い直す
?新しい?「茶道教養講座」全16巻。第15回配本


茶禅一味という言葉によって、茶の湯は長く禅宗との関係を中心に語られてきました。その理由は、日本に茶を伝えたのは禅僧栄西である、鎌倉時代の茶は禅宗寺院の茶礼である、わび茶の美意識は禅の美学である、とされてきたことによりますが、いずれも正しい歴史認識ではありません。翻って考えれば、日本の茶の湯は、宗派を問わない寺院との関わりのなかで発展してきました。いままで語られてきた茶の湯の歴史を「宗教」という視点から問い直すとともに、浄土僧・珠光、キリシタン大名・高山右近、春日社神人・久保権太夫(長闇堂)の茶の湯観をたどります。
 

目次PDFはこちら

神津朝夫/著

ISBN:978-4-473-04142-5

発売日:2023/4/4

新書判 並製 236頁(カラー4頁)