定期購読

外国語書籍

新規会員登録

定期購読

外国語書籍

2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2022年 02月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      

 

トップ > 月刊なごみ

月刊なごみ

なごみとは、心を和して「あい和む」の意。
今日ほど、この和の心が渇望されている時代はありません。
日々のくらしのなかで、和を尊ぶ心を形にしてきた総合文化茶の湯に範をとり、現代の「茶のあるくらし」すなわち「和のあるくらし」を小誌はヴィジュアルに提案します。

⇒月刊誌定期購読のご案内はこちら



全122件

  • なごみ2017年12月号

    なごみ2017年12月号

    【今月の特集】 近代和風を問うた建築家 吉田五十八の創った数寄屋建築 ◎特集の内容
    生まれ育ちは東京・日本橋。本業の傍ら、道楽の長唄は玄人はだし。日本文化に精通した建築家・吉田五十八(1894〜1974)は、日本の伝統建築「数寄屋」の近代化に努めた先駆的存在。吉田が提唱した数寄屋建築の試みと創意とは。 【小特集】 新しい提案 北欧の器を茶会に

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年11月号

    なごみ2017年11月号

    【特集】茶と暮らしを支える火の力 いま、茶の湯炭は
    【内容】茶事の亭主は、客に心地よい時間を過ごしてもらうために炭の火に心を尽くすもの。「湯相」と「火相」を調整する炭の作法にこめられた、もてなしの心と茶人の知恵を解説。また自然環境の変化や後継者不足などの課題に向かう、茶の湯炭の産業としての現在にも目を向けます。赤坂憲雄氏(民俗学者)の寄稿「山師の子どもはやがて、山に還る」ほか。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年10月号

    なごみ2017年10月号

    【今月の特集】彫りと色彩の華麗なる融和 讃岐漆芸の彩 ◎特集の内容 温暖な瀬戸内海に面し、風光明媚な香川県。じつは漆芸の盛んな地です。精緻な彫刻技術と豊かな色彩が融合した、他には見られない独特の表現。漆や木材の産地ではない讃岐になぜ、どのように漆芸が栄え継がれてきたのか。その魅力と歴史に迫ります。【小特集】懐石料理に合わせたい「日本ワイン」リスト

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年9月号

    なごみ2017年9月号

    【今月の特集】 名残を前に― 金継ぎにみるつくろいの美  ◎特集の内容 十月は名残の季節。やつれ風炉に藁灰、金継ぎや呼継ぎがされた茶道具を取り合わせます。そんな名残に先駆けて、日本古来の修繕法・金継ぎの美に注目。壊れたものをよみがえらせ、新たな美しさや趣を加える「つくろい」の魅力をさまざまな角度から紹介します。
    ●小特集● 自然の筆線  画家・熊谷守一、書の画境

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年8月号

    なごみ2017年8月号

    【特集】桑名に生き続ける山林王の遺産 諸戸家と茶の湯
    【内容】古来、交通の要衝であり物資の集散地として栄えた三重県桑名市。この地の利を生かして財を成し、「日本一の大地主」「山林王」と呼ばれた諸戸家が守り伝えてきた文化遺産を紹介。門外不出の大名物「山桜大海茶入」を特別公開。
    【小特集】山の日に一服 アウトドアでお茶を
    【内容】山で抹茶を点てる際の工夫、お菓子・食事のレシピを提案。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年7月号

    なごみ2017年7月号

    【特集】探す、使う、取り合わせる ガラスの茶道具を楽しむヒント
    【内容】夏の茶席に涼をもたらすガラスの茶道具の楽しみ方をさまざまな角度から提案します。夏、そして四季に応用するアイディア、ガラス工芸のさかんな富山でガラス茶道具を探す旅など。好みにぴったりのガラス茶道具を見つけてください。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年6月号

    なごみ2017年6月号

    【今月の特集】通巻450号記念特集2020年に向けて そろそろ、お茶はじめませんか?
    ◎特集の内容 茶道に興味はあるものの一歩踏み出せずにいる方が、茶道をはじめるきっかけとなるような、茶の湯のさまざまな魅力をご紹介します。今こそ学ぶべき伝統文化・茶道が現代生活にもたらす潤いについて改めて考えます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年5月号

    なごみ2017年5月号

    畳敷きの茶室だけではない茶空間のあり方が今、改めて問われています。来たる2020年東京オリンピック、生活習慣の変化や高齢化社会の進行などにより、「正座」の負担がない椅子式の茶道・立礼の需要が高まりを見せています。本特集では、世界の賓客を迎える迎賓館赤坂離宮の立礼茶室の特別撮影や立礼誕生から150年史を紹介しつつ、茶空間のこれからを考えます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年4月号

    なごみ2017年4月号

    【今月の特集】名品大集合 東京国立博物館 「茶の湯」展をトコトン楽しむ
    ◎特集の内容 1980年に東京国立博物館で開催された「茶の美術」展以来、37年ぶりとなる大規模な「茶の湯」展が、今春同館で開催されます。約260件の茶道具が一堂に会する本展の見所を紹介するほか、国宝「志野茶碗 銘 卯花墻」を篠山紀信氏が新規に撮影するなど、時代を超えて愛されてきた名品の魅力に迫ります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年3月号

    なごみ2017年3月号

    【特集】土が生み出す演出空間 茶室の壁の力
    【内容】齢90を超える数寄屋左官・佐藤嘉一郎氏が、京都の名茶席のうち大徳寺玉林院の蓑庵、仁和寺の飛濤亭を案内。茶室の壁の約束事、茶室の壁土の代名詞・聚楽土の美点なども紹介しつつ、繊細さと茶人の美意識が詰まった「壁」の魅力にとことん迫ります。
    【小特集】作ってみよう! 春の手まり寿司

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年2月号

    なごみ2017年2月号

    【特集】瀬戸焼  かまぐれイズムの継承と発展
    【内容】「かまぐれ」――、技術革新に命の炎を燃やした瀬戸の陶工たちは、そう呼ばれてきました。常に日本のやきものをリードしてきた陶磁器「瀬戸焼」の歴史と特徴からその魅力に迫ります。
    【小特集】 装幀家・名久井直子さんがデザインする かわいい和装本

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2017年1月号

    なごみ2017年1月号

    【特集】華やかに、美しく 新春を祝う茶席菓子
    【内容】新年を寿ぐ茶席で用いられる菓子は見た目も華やかに、年迎う喜びを感じさせてくれるもの。初釜や稽古始めなど茶の行事に、賀客のおもてなしに、彩りを添えてくれる菓子を紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年12月号

    なごみ2016年12月号

    【今月の特集】海を渡ったジャパンデザイン ラリックのガラス、日本の型紙
    ◎特集の内容 江戸小紋など日本の染色に使われた伊勢型紙は、近代にヨーロッパへと渡り、美術工芸に影響を与えました。植物などをモチーフに、生き生きとしたガラス工芸を製作したルネ・ラリックへの影響から、日本の型紙デザインの魅力に迫ります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年11月号

    なごみ2016年11月号

    【今月の特集】千家十職 袋師友湖 土田半四郎の今
    ◎特集の内容 三千家の職家・千家十職の一家、土田家。同家は、仕覆や帛紗を仕立てる袋師として、当代で13代を数えます。一昨年13代を継承した土田半四郎さんの案内で歴代の仕事を紹介するほか、当代の弟・健さん作の茶入に合わせて新しく仕覆を制作。土田家の歩みと今をひもときます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年10月号

    なごみ2016年10月号

    【今月の特集】「手作り」「オーダー」でもてなす 作ろう、茶道具
    ◎特集の内容 お客様を思って作ったオリジナルの茶道具でおもてなししてみませんか。茶杓削りに挑戦するのは、イラストレーター・イソノヨウコさん。和菓子作家・金塚晴子さんが茶席菓子にあわせて作る菓子器とは。また、茶道具をオーダーできる京都のお店など、さまざまなアイディアをご紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年9月号

    なごみ2016年9月号

    【特集】里山の風雅をもとめて 現代の市中の茶庭へ 監修=平井孝幸
    【特集の内容】茶事茶会の際の露地として、その「露地」の要素を取り込んだ住まいの庭として、「茶」のある庭は今、どのようにつくられているのでしょうか。実例とともに、現代の茶のある庭のありようを提案します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年8月号

    なごみ2016年8月号

    【今月の特集】鑑賞する紙 料紙のきらめき
    ◎特集の内容 書をしたためるために制作される装飾紙・料紙(りょうし)。中国から伝わったこの加工技術は、和歌の流行とともに発展し、日本独自の美意識を反映した新たな展開を遂げました。料紙にはどのような種類や技法があるのかといった基礎知識から、観賞のしかた、見どころまで、料紙の作り手や古筆の修復師が案内します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年7月号

    なごみ2016年7月号

    【今月の特集】夏は涼しく 朝茶のすすめ
    ◎特集の内容 夏の朝に催される朝茶事の、涼のもてなしの情景を紹介すると共に、海を舞台にしたカジュアルな朝茶会の楽しみ方などを提案。京都の生麩専門店「麩嘉」の、祇園祭に寄せた取り合わせも紹介します。そしてズッキーニやオクラなど夏野菜を使った七種の香の物レシピも掲載。コラム「わたしのおめざ」には井上荒野氏、町田康氏、中島京子、能町みね子氏が寄稿。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年6月号

    なごみ2016年6月号

    【今月の特集】京都と歩んで400年 展開する京焼
    ◎特集の内容 華やぎのある優美な意匠で古来愛好されてきた京焼。誕生以来、幾多の名工を輩出し、時代とともに多彩な創意工夫を見せてきた。では、京焼はこれまでどう展開し、これからどう展開しようとしているのでしょうか。400年にわたる「京焼」の絶えざる流れ、そして明日を見つめます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年5月号

    なごみ2016年5月号

    【今月の特集】武勇の家の文雅と出あう 真田のふるさと 信州へ
    ◎特集の内容 本年のNHK大河ドラマ「真田丸」でも話題の真田家ゆかりの地・長野県上田市、そして江戸時代の真田家の本拠地・長野市松代町にスポットを当て、同家の足跡と文化に迫ります。上田は作家・木下昌輝氏が、上田紬の工房や、真田家が茶の湯を楽しんだという渓谷などを取材。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年4月号

    なごみ2016年4月号

    【今月の特集】花を愛した漂泊の歌人 西行と桜
    ◎特集の内容 混乱する平安時代末期を生きた歌人・西行。23歳という若さで出家、諸国を行脚し、73歳でこの世を去るまでに2000首を超える歌を残しました。本特集では、西行の花の歌とともに、ゆかりの桜を訪ねるほか、北村美術館での桜にちなんだ取り合わせを紹介し、桜の季節に西行の生涯とその歌の魅力を振り返ります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年3月号

    なごみ2016年3月号

    【今月の特集】至高の近代和風建築・茶道具・染織 知られざる遠山記念館の魅力
    ◎特集の内容 日興證券の創業者・遠山元一は昭和11年、埼玉県に近代和風建築の最高峰・遠山邸を完成させます。今回は、この遠山邸と元一が集めた美術品などを展示する遠山記念館を特集。選りすぐりの木材を使い、細部にまで意匠を凝らした建築と、大名物茶入「玉垣文琳」など名品茶道具や染織から、その魅力に迫ります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年2月号

    なごみ2016年2月号

    【今月の特集】未来の「japan」をひらく 漆を継ぐ人びと
    ◎特集の内容 日本人と漆とのつきあいは深く、各時代に漆工文化を花開かせてきました。しかし今、国産漆の生産量低下や技術者の減少・高齢化など、漆をめぐる状況は厳しくなっています。漆を生み支える職人たち、国産漆を取り巻く現状はどうなっているのか、未来に伝える漆仕事のありようを考えます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2016年1月号

    なごみ2016年1月号

    【今月の特集】茶碗とは何か
    ◎特集の内容 陶磁研究者の林屋晴三氏が語る「名碗の条件」、大徳寺孤篷庵の小堀亮敬和尚、俳人の小澤實氏、現代美術家の杉本博司氏など、さまざまな分野の第一線で活躍する人たちへの、お気に入りの「茶碗」についてのインタビュー。さまざまな人物の言葉から「茶碗とは何か」を探ります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年12月号

    なごみ2015年12月号

    ●特集●年の瀬の一席に 師走の茶席菓子
    ◎特集の内容 晩秋と新年のはざまで、気ぜわしくも楽しい十二月。冬ならではのテーマにちなんだ老舗の菓子や、菓子椀でいただく手作り熱々菓子のレシピを紹介。ほかにも冬の「白」をテーマにした誌上茶会のルポなど、師走の茶趣を彩る菓子と茶のすがたをお伝えします。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年11月号

    なごみ2015年11月号

    ●特集●開炉に寄せて 京の椿
    ◎特集の内容 炉の季節に茶席で用いられる「椿」。古くから茶人に愛されるこの花の魅力をさまざまな角度から取り上げます。京都の大徳寺聚光院や霊鑑寺、西方尼寺などに伝わる名高い椿の原木の紹介、イラストで学ぶ千家三代宗旦居士と妙蓮寺椿の逸話、平岡八幡宮佐々木宮司が古儀に則って入れた白椿のすがたなどを収録。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年10月号

    なごみ2015年10月号

    【今月の特集】気軽に茶の湯ピクニック お弁当もって、野点に行こう
    ◎特集の内容 お弁当をもって、野点をしてみませんか。ピクニック気分で気軽にできる野点の工夫や、点心にも応用が利き、野点に重宝するお弁当のレシピをご紹介。さらには使い勝手のよいお弁当箱、持ち運びやすい酒器など、野点と食の楽しみと工夫を提案します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年9月号

    なごみ2015年9月号

    ●特集●琳派誕生四〇〇年記念 わたしたちの琳派
    ◎特集の内容 本阿弥光悦が京都・鷹峯に芸術村を開いてから今年で四百年。日本が誇る琳派の美意識は大きな広がりを見せて現在に至ります。本号では「琳派誕生四〇〇年」を記念して、染色家・森口邦彦氏、ファッションデザイナー・コシノジュンコ氏、陶芸家・樂吉左衞門氏など、さまざまな人たちの思いを紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年8月号

    なごみ2015年8月号

    【今月の特集】山河の茶味をたずねて飛高山なごみ旅
    ◎特集の内容 岐阜県北部、山々に囲まれた飛地方。山河の恵みにあふれ、歴史とともに木の文化が育まれてきました。武家茶人・金森宗和のふるさととして、文化が熟成されたこの地を、「木の匠(たくみ)」「飛の茶」を切り口にたずねます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年7月号

    なごみ2015年7月号

    【今月の特集】陶芸家・川瀬忍とたどる あこがれの青磁
    ◎特集の内容 中世に日本に渡来して以来、青磁の深い青は日本人のあこがれの的でした。古典を踏まえつつ新しい青磁を追い求める陶芸家・川瀬忍さんと、南宋官窯や近現代の青磁を取材。青磁を使った茶会などから、その魅力を作り手の眼でひもといていきます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年6月号

    なごみ2015年6月号

    ●特集●二代目吉田玉男襲名記念 躍動する文楽
    ◎特集の内容 新しい試みを続ける日本の伝統芸能「文楽」を紹介。東京・六本木で仮設の檜舞台を設えた「にっぽん文楽」に密着取材し、四月に襲名した人形遣い・二代目吉田玉男氏へのインタビュー、新作文楽「不破留寿之太夫」なども取り上げ、躍動する文楽の今をご紹介します。作家・有栖川有栖氏や詩人・平田俊子氏のコラムも収録。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年5月号

    なごみ2015年5月号

    ●特集●パパもママも子どもも楽しい 行ってみよう! 親子茶会
    ◎特集の内容 イラストレーター・五月女ケイ子さんが体験した「親子で学ぼう! 茶釜と体験茶会」をはじめ、子どもとその保護者を対象とした特色ある取り組みにスポットを当てます。また、子ども心をくすぐる楽しい道具組みのヒントも紹介。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年4月号

    なごみ2015年4月号

    ●特集●香りが語るものを聞くこと 聞香の世界
    ◎特集の内容 貴族の薫物の始まり、「香道」へと発展する日本の「香り」の歴史を解説。作家・朝吹真理子氏と訪ねる鎌倉・東慶寺の初音香炉や、香道志野流家元・蜂谷宗玄氏手前による「香の茶の湯」の解説。作家・玄侑宗久氏や脚本家・倉本聰氏の香りのエッセイも収録。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年3月号

    なごみ2015年3月号

    ●特集●着てみませんか 茶席で、男のきものはじめ
    ◎特集の内容 茶会の装いに、お稽古着に――。茶席用のきものはどのように選び、どのように着たらよいのでしょうか。上質な一枚の選び方や男を上げる着つけ術ほか、きもの初心者男性に向けた「茶席のきものことはじめ」。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年2月号

    なごみ2015年2月号

    ●特集●真冬のよふかし 夜咄のさまざま
    ◎特集の内容 灯具によって演出される幽玄な世界。夜咄の茶事の魅力を紹介します。ショコラティエ、ピエール・マルコリーニの茶会体験記、作家・松村栄子氏の短編小説「魔女たちの夜会」も収録。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2015年1月号

    なごみ2015年1月号

    ●特集● 仙台・金沢・熊本を巡る ふるさとの茶懐石
    ◎特集の内容 伊達家の仙台、前田家の金沢、細川家の熊本。新年号では、茶の湯の盛んな三都市を代表する料亭の初春の茶懐石を紹介。素材な器など、それぞれの地域ならではの趣向を凝らした料理はもちろん、新年を祝う室礼もあわせて紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年12月号

    なごみ2014年12月号

    ●特集●楽しんでもてなす 師走の点心
    ◎特集の内容 師走のあわただしい時期には、基本的に一つの器に数種類の「あしらい」を盛る点心が重宝します。大人数の場合や銘々にとりわけた場合など、いろいろなお役立ちパターンを紹介。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年11月号

    なごみ2014年11月号

    【特集】実業家が夢見た桃源郷 小田原・箱根の茶室群をめぐる
    古来、東海道の要衝であった箱根。古くから温泉宿が置かれ、近代以降は保養地として発展しました。明治以降、当時の実業家たちはこぞって箱根に田舎家の茶室を建築し、仕事に追われる日々を離れて、非日常の生活を楽しみました。本特集では、箱根・強羅公園内にある益田鈍翁ゆかりの「白雲洞」や、松永耳庵の「老欅荘」など、箱根・小田原に現存する茶室を訪ねます

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年10月号

    なごみ2014年10月号

    大特集
    藤森照信×山口 晃と行く
    探検!東京国立博物館
    ◎大特集の内容
    日本美術の殿堂として質・量ともに屈指の規模を誇る「トーハク」こと東京国立博物館。収蔵品総数は十一万件以上、日本・東洋美術の総合文化展、建築や庭園など、ここは「美と知のワンダーランド」ともいえます。本特集では、建築家・藤森照信氏と画家・山口晃氏を案内役に、表舞台から舞台裏まで、その魅力と楽しみ方を徹底ガイド。

    880円(税込)

    品切れ

    お気に入りリスト
  • なごみ2014年9月号

    なごみ2014年9月号

    【今月の特集】瀬戸内の玉手箱 しまなみ海道なごみ旅
    ◎特集の内容 古来、大陸と都を結ぶ要衝として発展した瀬戸内・芸予諸島。この島々を縦断する「しまなみ海道」が二〇〇六年に開通し、「佐竹本三十六歌仙紀貫之」を有する耕三寺や、多くの国宝を蔵する大山祇神社、村上水軍ゆかりの史跡などへのアクセスが容易になりました。今特集では、しまなみ海道を旅しながら、芸予諸島とその周辺に残る宝物の数々をご紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年8月号

    なごみ2014年8月号

    【今月の特集】横浜と歩んだ近代数寄者 原 三溪
    ◎特集の内容 生糸貿易で成功をおさめ、横浜の近代化に大きく貢献した「三溪」こと実業家・原富太郎。優れた古美術や古建築の蒐集する傍ら、当時の新進日本画家の後援にも尽力しました。生涯高潔無私を貫き、実業界・美術界に多大な功績をしながら、その業績が注目される機会は稀でした。本特集では文化人としての三溪に注目し、その文化的貢献を伝えます。

    880円(税込)

    品切れ

    お気に入りリスト
  • なごみ2014年7月号

    なごみ2014年7月号

    【今月の特集】涼しさを求めて 夏の京都の和菓子
    ◎特集の内容 七夕や祇園祭など、さまざまな行事に彩られる夏の京都は涼を呼ぶ和菓子の宝庫です。祭りや行事にちなんだ和菓子や、涼しげな葛菓子・錦玉・干菓子など、夏の京菓子をたっぷりとご紹介。立ち寄ってひと休みしたい、かき氷やくずきりなどの涼菓をいただけるお店もレポート。夏の京都に涼しさを求めに出かけませんか。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年6月号

    なごみ2014年6月号

    【今月の特集】近代数寄者・益田鈍翁が始めた大茶会 100回記念 大師会の歴史と今
    ◎特集の内容 近代数寄者・益田鈍翁が自邸で開いた茶会・大師会は、茶道の発展と古美術保護に大きな役割を担って今日に至ります。本特集では、本年4月に大々的に開催された第100回大師会の模様をレポート。また大師会の歴史を、知られざるエピソードとともに紹介します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年5月号

    なごみ2014年5月号

    ●特集●紅花咲く東北紬街道をゆく
    ◎特集の内容 米沢を代表する華やかな紅花染め。絣の北限といわれる白鷹に今も残る板締め絣。現代のシンプルな長井紬と、明治大正期の大胆モダンな長井紬。山形県置賜地方に布仕事をたずねます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年4月号

    なごみ2014年4月号

    【今月の特集】日本的ということ 感じる、かなの書
    ◎特集の内容 「高野切」「石山切」など古来の名筆から現代の書家の作品にいたるまで、内容の解釈はひとまずおいて、字形や配置の美しさに注目すると美しさの理由が見えてきます。書史の専門家、書家、デザイナーが案内する、「感じる」かなの書鑑賞のススメです。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年3月号

    なごみ2014年3月号

    ●特集● 爛漫の春に桜たずねて
    ◎特集の内容 最古の桜、野生の桜、変わり咲きの桜、外国生まれの桜……日本人が愛してやまない桜をさまざまな角度から取りあげます。誌上に咲き誇る約50種類。花を愛で花見の歴史をたどる桜尽くし特集です。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年2月号

    なごみ2014年2月号

    ●特集●桃山茶陶の華 織部焼とはなにか
    ◎特集の内容 京都で創案され、美濃(現・岐阜県)で作られた織部焼。ゆがみや非対称などかたちの多様性、文様のおもしろさ、華やかさ。誕生から四百年余り経った今も親しまれている、桃山茶陶の魅力に迫ります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2014年1月号

    なごみ2014年1月号

    ◎特集の内容 茶人で堺の豪商・山上宗二が、天正十六年から十八年の間に、茶の湯の初心者七人に「秘伝」として伝授した『山上宗二記』。内容は桃山時代の名物道具集で、取りあげている道具は総計二一二点。史上もっとも厳正な眼で選ばれた名物記でした。たびたびの戦乱で失われたものが多く、現存するのは三十数点。四百年を生きたこれらの名物道具をとおして、利休時代の茶の湯のすがたを探ります。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2013年12月号

    なごみ2013年12月号

    【今月の特集】師走にかたむける一献 酒器とお酒を語る
    ◎特集の内容 凍みるような冬の夜には、日本酒を一献かたむけたくなるもの。そんな夜にぴったりの酒器とお酒の特集です。しぶや黒田陶苑主人・黒田草臣さんご推奨の近現代作家の酒器、酒好きたちが熱く語る一人酒の酒器――。茶席の酒器の豆知識や扱いの注意点も紹介し、盛りだくさんの内容でお酒の楽しみをご提案します。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト
  • なごみ2013年11月号

    なごみ2013年11月号

    【今月の特集】茶趣あふれる京釜 大西家の茶の湯釜
    ◎特集の内容 京都・三条釜座に居を構える大西家は、茶人の要望に応じた多くの好み釜を制作。その作品は「茶気」のある釜として、約400年にわたり茶人に愛好されてきました。初代以来、代々釜師として今日に至る大西家の伝統美をひもときます。

    880円(税込)

    カートに入れるすぐに購入 お気に入りリスト